ビジネスマナーを身につけてあなたもワンランク上の社会人に!

>

知れば納得!海外のビジネスマナー

一流ほど定時に帰宅!残業ゼロで効率アップ

日本でもようやく最近になって「働き方改革」の重要性がさけばれるようになりましたが、それはつまり、日本という国が社員個人のサービス残業に頼りきっていたことの裏返しでもあります。
翻って欧米では、基本的に定時にきちんと仕事を終えることのできる社員が有能であると見なされ、むやみに残業を強制する企業は人権侵害であるとして糾弾されかねません。
連日残業をこなす社員は確かに能力が高く仕事熱心であるように見えますが、深掘りすればそれは仕事のペースが遅いか、自分のキャパシティ以上の仕事を抱え込んでいるかのどちらかであり、いずれにしてもグローバリゼーションのなかで考えれば決して推奨されることではありません。
欧米流に追従するわけではありませんが、日本でも早急に残業に対する考え方をあらためなければ、新入社員を疲弊させてしまうことになりかねません。

名刺は不要?欧米流ビジネストーク術

日本は「肩書文化である」とよく言われます。
個人よりもその人の属性、つまりその人がどのような組織に所属してどのようなポジションにいるのかがより重要視されるということで、その象徴として、日本では長らく「名刺文化」が根づいています。
一方の欧米社会では、日本ほど肩書にこだわる文化はなく、初対面の相手に名刺を渡す風習も一般的ではありません。
もちろん、欧米でも名刺に代わるものは使われていますが、その位置づけは若干異なります。
欧米型の名刺には、その人の趣味嗜好など、よりパーソナルな情報が書き込まれています。
ビジネスの場にあえて個人的な要素を持ち込むことで、組織よりもまずひとりの人間として対峙していることをアピールし、緊張をやわらげる効果があります。


この記事をシェアする